2017年11月17日

青色申告書の書き方を学習しました。(第2回目)・・・経営対策部申告相談員学習会

11月16日、横花南部民商事務所会議室で青色申告書の書き方を学習しました。
児島事務局員が講師を務め、「民商太郎さん(48歳)」「妻、二人のお子さん(うち)一人25歳家族従業員」
「建設業」「売上980万円」「必要経費200万円」「国保・年金50万円」「生命保険23万円」
を仮に設定し、白紙の青色申告書Bや青色決算書を用意し、設定されている条件に従って、青色申告書に電卓を用いながら
次々と記載し、見事、税額を算出しました。全商連「自主計算パンフレット2018年」を大いに参考にしました。


起業したばかりの20歳台から白色申告の70歳代の事業主、経営者が参加しました。
設定してある条件は整理されており、単純化されているため、参加者は割とスムーズに青色申告書に記載していました。
それでも、時々、講師に質問をしながら、確定申告書をまとめていました。お疲れさまでした。


参加者の行政書士は初めての参加でしたが、「申告書作成の全体的な構成が分かった」と満足気でした。
20歳代の若い経営者は、従業者がいるので「源泉徴収」についてその仕組みを質問していました。


第3回目の学習会はテーマが「消費税」です。次第に難しい課題に取り組んでいきます。
各支部は一人以上の相談員学習会の参加をお願い致します。



posted by なんぶ民商 at 17:08| Comment(0) | 日記