2017年11月19日

11月度中央支部(中区・西区)役員会が開かれました

11月14日、横浜南部民商事務所で4名が出席して、中央支部役員会が
開かれました。


11月13日付「全国商工新聞」第2面「免税業者を取引から排除」に記事を
読んで学習・討議をしました。


また、10%消費税実施と引き換えに考えられている「軽減税率」について
論議しました。
「外食は10%で持ち帰りは8%なら、お寿司屋さんでお寿司を食べ、注文した
お寿司が食べきれなかったので折詰にしてもらったら何パーセント?」
なかなか大変なことになりはしないか?


11月26日の商工フェスタは10名以上で参加することにしました。
posted by なんぶ民商 at 23:27| Comment(0) | 日記

最近のなんでも相談会・法律相談会の事例

秋に入ってのなんでも相談会や法律相談会では「税」の問題や申告の問題、
「経営」問題に加えて、不動産に関する相談も増えています。


会員のAさんは九州の田舎で一人暮らしのお母さんがいらっしゃるのですが
一戸建てで借地です。数十年以上の借地です(旧借地法)。
そこへいきなり、底地(貸地)を購入した不動産会社から契約解除の申し立てが
されて困って相談に来ました。
九州ということもあって、顧問の海渡弁護士の紹介で地元の弁護士さんに対応を
お願いすることにしました。


会員のBさんは境界のことで将来、問題が起きた時、隣地の所有者ともめないよう
境界の協定を弁護士さんも交えて相談することにしました。


また、ライブハウスを経営されている「商工新聞」読者の方で、店舗に雨漏りが嵐の
度に起きるので、家主に対してどのような要望をしたらよいかという相談が寄せられ
ました。


他に事業用アパートの売却に関しての譲渡税に対してどう対応したらよいかなど、
様々な相談が寄せられています。




posted by なんぶ民商 at 23:12| Comment(0) | 日記