2018年03月21日

発生主義(会計原則)の学習会を行いました・・・経営対策部相談員学習会

3月19日、横浜南部民商本部事務所で、会計原則の一つ(ほとんどの会計
はこの原則を採用しています)「発生主義」を学習しました。3名の参加者
でチューターは児島事務局次長です。T字型仕分け表を使い、理解できるまで
確認していました。


会計(経理・複式簿記)の専門用語が多いので、まず、その用語の解説から
始めました。
「発生主義」・・・・・現金の収入や支出に関係なく「経済的事象」の発生
           または変化に基づき、その時点で「収益」または
          「費用」を計上するという会計。
「経済的事象」・・・・取引(商売)は現実的には仕入れや売り上げなど「掛け」
           という事象が生じているので、この現象に
           合わせて帳簿に記入するほうが実際の経済現象(取引)に
           合っている。この実態を表現したもの。
「収益」・・・・・・・売上という言葉に置き換えるとわかりやすい。
「費用」・・・・・・・経費という言葉に置き換えるとわかりやすい。
「現金主義」・・・・・取引のすべてを現金のやり取りで表現するやり方。
           ただし、現実的には現金取引(商売)は少ないので、記帳
           が困難になることが多い。


発生主義で帳簿記入をしますと
    【建物新築・リフォームの場合】
     ・建築工事が完成して、引き渡し行い、請求書を送った
      ⇒⇒⇒売掛金発生日
     ・(申告又は決算)期中で建築工事が開始されたが、引き渡しに至らず、
      売掛金に計上したい。
      ⇒⇒⇒期末にその部分の工事費用は未成(未完成)工事支出金
         として計上。
  

    【家賃の場合】
     ・前払い家賃は前払い費用として
      ⇒⇒⇒資産の部に計上します。
     ・後払い家賃は未払い費用として
      ⇒⇒⇒負債の部に計上します。
     ・家賃が滞納された場合
      ⇒⇒⇒滞納月も収入に計上し、
         一方で未収金としても計上。

学習会に参加した相談員はこれからももっと、理解するのに学習会が必要で
すね、と感想を述べていました。


※経営対策部は4月〜9月間は毎月2・3級簿記程度の勉強会を行い、
 記帳の基礎学習を行う予定です。ご期待ください。
     

posted by なんぶ民商 at 17:00| Comment(0) | 日記

神商連(神奈川商工会連合会)商工交流会・・・4月22日



4.22の1.jpg
名刺交換会もも行われます。ご商売の宣伝に
お役立てください。
各分科会はご商売に役立つセミナーが設けられ
ています。
posted by なんぶ民商 at 10:34| Comment(0) | 日記

神商連(神奈川県商工団体連合会)商工フェスタ・・・4月22日


4.22の2.jpg

商売に役立つ取り組みが盛りたくさんです。
横浜南部民商の会員の皆さん、是非参加ください。
お知り合いの方も参加できます。お誘いください。
posted by なんぶ民商 at 10:29| Comment(0) | 日記