2018年11月10日

横浜市健康福祉局と懇談しました

11月2日、横浜市健康福祉局と民商横浜市協議会(横浜南部他4民商)も参加する
横浜市民団体連絡会(横浜市従労組代表)が懇談を持ちました。


民商の要望として、市税、国保等滞納者の差し押さえ件数、差し押さえ性格(生存的
財産であるか否か)など統計資料を明らかにするよう求めました。


国保料(国民健康保険)滞納問題では、生存権的財産である「給与、年金、児童手当」
など差し押さえてはいけないという決まりがあるにも関わらず、横浜市の場合、「預金
口座に」に入金された時点で差し押さえを行うケースがみられ、生活困窮に陥った例が
報告されています。


これに対し、横浜市側は「払えるのに払わない例がある」などとあくまでも徴収する側
の強権的な姿勢にに終始しました。


民商には「払いたいのに払えない」という相談大半です。
今後も懇談を続け、滞納者の実情に合った徴収行政への転換を働きかけていきます。




posted by なんぶ民商 at 09:34| Comment(0) | 日記

2018年11月06日

インボイス(消費税適格請求書)とは

インボイス(消費税適格請求書)とは複数税率(来年10月から10%と8%の
消費税が予定されている。)を導入する際、
@請求書に適用税率別に区分し、
A税額の記載を義務付け、
納税額(消費税)を計算しやすくするための方策です。

要するに消費税の請求書です。ただし、税務署に届けて、登録番号を請求書に付さ
なければ成りません。最初の4年間は練習期間。4年後は義務付けです。

posted by なんぶ民商 at 19:02| Comment(0) | 日記

インボイス・複数税率学習会に13人が参加

0.jpg
井出税理士のわかりやすい説明に参加者一同感心しました。しかし
分かりやすかったその分その大変さに驚愕。
「売上1000万以下の非課税業者も消費税を払わなければなら
なくなる。」「もしくは取引から排除されても我慢できるか。」
何とも厳しい現実が待っている。
来年10月から10%の消費税となります。
posted by なんぶ民商 at 18:41| Comment(0) | 日記