2019年04月28日

横浜スタジアムが3000席増席されました

H31.3yokohama.JPG
ライト側観客席が3000席増席されました。今、レフト側の増席工事がはじまり、
2020年夏のオリンピックまでには35,000席になります。
posted by なんぶ民商 at 10:01| Comment(0) | 日記

2019年04月21日

4月度横浜5民商協議会が開かれました

4月19日に神商連会館で、4月度横浜5民商協議会(横浜東・横浜緑
 ・横浜西部・戸塚・横浜南部)が開かれました。
 社会保障協議会、横浜市団体連絡会、3.6横浜市議会大貫議員の
 小規模企業振興条例制定に関わる報告がありました。


以下、今後の活動予定を決めました。
1、5民商共同宣伝を5月23日、13時から西部民商のエリア内で
  行う。
2、対横浜市予算要求(横浜市団体連絡会)内容記載分担
3、春の経営アンケート集約

各民商活動交流報告
・会員の要求としてクレジットカードやプリペイドカード,ペイペイなどの
 使用のお客様対応の学習会の企画をどうすれば良いか
・会員などの持続的拡大につき、足立西民商や東大和、一関民商のよ
 うに活動するのにどうすれば良いか。
posted by なんぶ民商 at 23:32| Comment(0) | 日記

2019年04月20日

確定申告(2019年・3月)事後調査(税務調査)が開始されました

確定申告が終わりちょうど1か月が過ぎましたが、この時期に事後調査
(税務調査)が行われているとの連絡がありました。加えて、無申告の
人にも調査が入っているとののことです。


中央支部の会員から「税務調査」を受けるとの連絡がありました。
これは、例年から見ると早い「調査」となり、珍しいことです。


「国税通則法」が変わり、税務署は「調査」を行うときは必ず、事前通知
を行うことが義務付けられました。
これは横浜南部民商が今年2月、3月に行った、横浜中税務署、横浜南税務署
との懇談でも確認されたことです。


横浜南部民商は日本国憲法に基づいた「納税者の権利」としての権利
行使として「事前通知」について連絡を受けた方に以下の11項目の内容の
確認を相手税務署に対して行うよう促しています。


@実地調査を行うむね・・・・・・・・(法律上「実地(じっち)調査」といいます。)
A実地の調査を開始する日時
B調査を行う場所
C調査の目的
D調査の対象となる税目・・・・・・・(「所得税」とか「消費税」など)
E調査の対象となる期間
F調査の対象となる帳簿書類その他の物件
G納税者の氏名及び住所
H調査を行う「税務職員」氏名及び所属官署(どこの税務署か?)
I調査を行う日時、及び場所は変更できること
J調査の「目的」「税目」「期間」「帳簿書類その他の物件」で通知
 されなかった事項についても(税務署署員が)疑問(不当・不法)が生じた場合、
 調査が可能であること


これらのことを専門家任せにせず、自身、納税者の権利利益のため、知っておきましょう。
わからないことがあったら、身近な役員や民商に連絡ください。


因みに「税務署」という「行政機関」は「他のほとんどの行政機関」が
うたっている「行政運営における公正の確保と透明性」(行政手続法)
「迅速な手続きによる国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保」
(行政不服審査法)という趣旨の行政手続きや行政審査(不服申し立て)を行うことに
になっているのに対して、大いに離反している特異な「行政機関」となっています。

posted by なんぶ民商 at 10:37| Comment(0) | 日記