2019年09月22日

全商連・全国中小業者団体連合会が中央省庁交渉を行いました

9月20日、全商連・全国中小業者団体連合会(全国商工団体連合会、全国
保険医団体連合会、日本FC加盟店協会)は全国から約100名が参加し、
中小業者の要求を掲げて、中央省庁(国)交渉を行いました。


厚生労働省との交渉は30名を超える代表が参加しました。厚労省は国民の
命と健康を守る立場に立ち、要求を前進させるよう訴えました。


厚木市(厚木民商)では国民健康保険料の分納を約束していたにも関わらず
差し押さえが頻発している。大阪府(大阪民商)や大分県(大分民商)など
からも同様の実態が報告がされました。


これに関し、保健局国民保健課の担当者から「県単位で確認し、指導内容に
ついて回答する」との答弁を引き出しました。すでに要求書を出した段階で
解決している事例も報告されました。



今回の全商連・全国中小業者団体連合会の中央省庁交渉では財務省、経産省・
中小企業庁、国土交通省、厚労省、総務省、金融庁、国税庁、日本年金機構
が相手でしたが、現場の実態をつきつけて中小企業・小規模事業者の支援の
拡充を求めました。  


横浜南部民商の中にも国保料、社会保険料の滞納で苦しんでいる会員がおり、
当事者が交渉に参加することにより、より良い方向で、分納の要求を具体的
に前進させ得ることに確信を持ちました。



横浜南部民商からは常任幹事・行政書士の本吉さんが参加しました。






posted by なんぶ民商 at 00:08| Comment(0) | 日記

2019年09月20日

IDEC(横浜市企業経営支援財団)による講演・・・横浜市協議会総会

2019.9.19横浜市協議会総会.JPG

IDEC(横浜企業経営支援財団)の畠山、森原講師による「横浜市小規模事業者向け支援策」の
講演に聞き入る出席者ら

posted by なんぶ民商 at 00:22| Comment(0) | 日記