2018年11月01日

横浜市経済局と懇談を行いました

10月31日、午後6時から市庁舎分館で横浜市経済局と懇談(要請)を
行いました。
民商横浜ブロック(横浜南部民商・横浜東民商・横浜緑民商・横浜西部民商
・戸塚民商、約1600会員)協議会が加盟する横浜市民団体連絡会の呼び
かけで毎年行わているものです。


横浜市経済局は毎年、他の経済団体(横浜商工会議所や横浜市商店街連合会等)
と懇談を行っています。
民商との懇談も経済団体の一つと位置付けています。


横浜市民団体連絡会は民商横浜ブロック協議会のほかに横浜市建設労働組合
連合会(建築関係・工務店・大工親方等)など10団体が加盟しています。


横浜市には「小規模企業振興基本法」(国の法律)を活かした小規模事業者に
関する要望を提出しています。
残念ながら他自治体に見られる「小規模企業振興基本条例」(市条例)
はまだありません。
今後の宿題となっています。


また、横浜民商ブロックでは12月に再度、横浜市経済局と懇談を行い、
小規模事業者の事業の持続化と繁栄のため、市政制度活用のため、密度の濃い
交流を図りたいと考えています。
posted by なんぶ民商 at 12:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: