2018年12月06日

横浜市経済局と本年2回目の懇談を行いました

横浜5民商は、横浜市経済局と本年2回目の懇談をおこないました。
12月5日、神商連会館に横浜市経済局から総務課長ほか6名来場、
横浜5民商からは8名が出席し懇談を行いました。


高橋横浜民商協議会のあいさつの後、恩田横浜みどり民商事務局長の
司会で始まりました。


懇談は経済局中小企業振興部経営・創業支援課、中小企業部金融課、
政策調整部企画調整課、市民経済労働部商業振興課、横浜企業経営
支援財団(横浜市中小企業支援センター・IDEC)の各担当者から
横浜市の中小企業政策の概要の説明が行われ、横浜市5民商からは
質問や意見などが出されました。


横浜市経済局からは以下の点の説明を受けました。
@横浜企業経営支援財団「IDEC」について
A商店街個店の活力向上事業(商店街に所属することが条件の補助金
  制度)について
B条件変更改善型借り換え融資制度(条件変更中の融資を借り換える)
 について


「小規模企業振興基本法」(政府)ができたことで、横浜市も小規模
事業者への支援が課題となりました。
しかし、残念ながら、経済の基礎となっている小規模事業者の営業と
生活を充分把握できておらず、民商との共同協力関係が必要となって
います。


最終的には他自治体にみられるように横浜市においても5人以下の小規模
事業者の生活を護り事業・営業の持続化と発展のため「小規模企業振興
基本条例」の制定が必要となります。














posted by なんぶ民商 at 00:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: